人気ブログランキング |

第7回・米酒の会(2011.6.12)…「田植え」

d0171387_11312199.jpg

今回の参加者のみなさん、はじめまして!
スタッフ2年生になりました
ブログを担当させていただきます中野です(^^)


この1年間、皆さんに楽しく小川町を体験していただけれるよう、
スタッフ一同力を合わせて楽しくがんばってゆきます☆
まだまだ至らない点があると思いますので、
何かありましたら、遠慮なくスタッフにお声がけくださいね。

また、このブログが皆さんの交流の場になればうれしいので、
お気軽にコメントください♪


* * *


6月12日(日)、第7回「無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会」
初日の田植えが行われました。

今年も梅雨時期まっ最中にも関わらず、お天気にめぐまれました♪
熱すぎなく、雨でもなく、田植えに最適なお天気です。
日頃の行いの良い、参加者の皆さんに感謝です☆

今年も90人近くの方にご参加いただけました。
小さな赤ちゃんを背負って田植えをされている
若いお父さん・お母さんもいらっしゃり、
去年よりも若干、お子さんの参加が増えたような気がします。

お申し込みの際に応募動機をお伺いしているのですが、その中に…

「この震災を受け、暮し方を見直そうと思い、
 またとないチャンスと思い申し込みました。」


という声が多くあったそうです。
参加者の皆さんのお顔を見ていて、その気持ちが伝わってくるようでした。


* * *


d0171387_10523116.jpg
↑下里分校


さて今回も、下里分校の校庭で開会式です。
懐かしくて小さなかわいい学校に、
皆さん気持ちはすっかり「都会から一番近い田舎・小川町」
に馴染んだことではないでしょうか♪

d0171387_10531732.jpg
↑開会式


皆さんが体験される田植えと稲刈りの田んぼを管理・指導してくださる霜里農場の金子先生(ご存知・有機農業のカリスマ☆)からご挨拶をしていただき。
〈酒造り編〉でお世話になる晴雲酒造の中山専務からもご挨拶。和紙紙すきをご指導くださる和紙職人の久保さんはご欠席でしたが、中山さんがアピールしてくださいました。

徒歩15分ほど田舎道をあるいていくと、田んぼに到着です。

今回、皆さんに田植えをしていただいた水田の面積は「一反三畝」、
約1300平方メートルの広さです。
この地区では、田畑を3ブロックに分けて、
稲・小麦・大豆を輪作するブロックローテーションを行っています。
(例えば、稲→小麦→大豆→稲…の順)
そうすることで、畑の雑草と田んぼの水草を効果的に相互除去。
また、山から流れてくる水は養分と有機物をたっぷりと含み、田んぼに水を張ることで、好気性のカビ類を自然にコントロールできるそうです。

いよいよ田植えをするにあたって、金子先生からご説明です。

d0171387_10582759.jpg
↑金子さんの足下にあるのが「田転がし」


d0171387_1056058.jpg
↑真剣に耳を傾けるみなさん


d0171387_1165551.jpg
↑ポット苗。ここで苗を育成し、スポッと抜いて田んぼに植えます。


田んぼの両端にヒモを渡して、その線にそって苗を植えます。
だから、一列にキレイに稲が並びます♪

d0171387_10573834.jpg


有機農業での田植えでは、株の間を33cmと広めに空けます。
「粗食に植える」そうです。
株間を広くすることで、苗に陽の光が沢山当たり、
間に風が通るので害虫の繁殖を抑えることができるからです。
それと、農薬などの除草剤を使わないので、夏の間に人の手で草取りをするのですが、株間を空けることで「田転がし」という草取り機を使って除草をすることができます。(※4つ上写真参照)

いろ~んな意味があって、作業が進み、
美しい稲穂に育ってくれるのですね(^^)


d0171387_1125398.jpg


班ごとに2手に別れて、さっそく田植えです☆
皆さん田んぼへ入り、ワイワイ・ガヤガヤ、
モクモクと、それぞれに作業。

d0171387_11154970.jpg


d0171387_11223058.jpg
↑おんぶで田植えのお父さんも


徐々にどろんこで汚れてゆきます(^ O ^)

d0171387_11202870.jpg
↑お子さんはすでに、田植えというよりどろんこ遊びに(笑)


d0171387_11252629.jpg
↑どろまみれ(^^;)


皆さんのすばらしい集中した作業のお陰で、
予定よりも早めに田植えが終了しました。
おつかれさまでした。パチパチパチ☆

お米作りには「八十八の手間」がかかると言われるように、
今回の田植えまでの作業、そしてこれから秋に稲刈りをし、
お米になるまでには沢山の作業があり、
その作業を霜里農場の方々にお願することになります。


d0171387_11214478.jpg
↑責任を感じるような金子先生の背中が凛々しいです!



ほんの一部ですが、毎日食べるお米を育てる…というのがどういうことなのか、
私も皆さんと一緒に体験して感じていきたいなと思います。

次回は、その作業の中でも一番大変だと言われる草取り、
それと田んぼやその周辺で生きる生き物たちを観察します。

次回、また皆さんの元気な笑顔にで会えますよう、
スタッフ一同楽しみにしております♪



d0171387_11264488.jpg
↑これからお隣の田んぼではカモたちも働きます。
ぜひまた小川町に遊びにいらしてくださいねー グワ〜☆




--- end ---
# by komesake | 2011-06-20 11:28 | 〈米作り編〉 | Comments(2)

お知らせ〈つまみ農場の田植え〉

d0171387_14344592.jpg
みなさまGWはいかがお過ごしでしたか?
さわやかなで気持ちよい気候なので、おでかけが楽しみな季節ですね♪

さて、来月はいよいよ田植えの季節です!
 (↑写真は2008年のつまみ田んぼ田植えの様子です)
 

* * *


米酒スタッフの方たちがやっている
「つまみ農場」での田植えも近づいてきました。
米酒の参加者さんでない方も遊びにいらしてくださいね。

★つまみ農場田植え 6月18日(土)
 来られる方は詳細をお伝えいたしますのでコメントでお知らせください。
 (ざっくりとした詳細になると思いますが…^^;)


管理人ナカノはGW中、友達と一緒に
ちょぴっとだけ田植えの準備のお手伝いをしてきました。
苗代(なわしろ)という苗を育てる場所に、種の入ったパレットを並べて、
ネットで囲いを作る作業です。
裸足でどろんこの中に入って楽しかったです♪

あとは種たち芽を出してくれるのを待つのみ…
が、がんばれーーー!

田んぼの畔で食べるお昼ご飯はサイコーに美味しいですよ。
農作業後のぐだぐだな打ち上げも、またオツです…(笑)



その他にも、小川町ではさまざまなイベントが行われていますので、
ご興味とお時間ありましたら、遊びにきてくださいね。

●「LOHAS体感!さつまいもを育てよう」5月22日 →詳細
●「ワールド・スピリッツ」5月20〜30日 →詳細



--- end ---
# by komesake | 2011-05-09 15:06 | ・その他お知らせ | Comments(0)

第7回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会

d0171387_15142680.jpg

「第7回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会」
只今、参加者募集中です☆


色々と大変な時ですが、そんな時だからこそ、
自然の中で癒されて、収穫の喜びをともに分かち合い、
美味しいお酒をいただきましょう♪

小川町の魅力たっぷりなイベントに
ぜひ皆さま、ふるってご参加ください!


* * *


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
第7回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会

平成23年
6月12日 田植え
7月10日 草刈り・田んぼの生き物観察
10月2日 稲刈り
11月6日 収穫祭
12月4日 無添加で和紙紙すき
平成24年
2月12日 晴雲酒造見学・お酒のラベル制作
3月11日 酒瓶ラベル貼り・懇親会


〈費 用〉大人10,000円/小学生以下2,000円
     ※大人には「おがわの自然酒」のお土産付き
〈定 員〉100名(抽選 ※初参加の方が優先となります
〈申込み〉5月13日(金)〈必着〉までに、往復ハガキにて、
     郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・応募動機を記入の上、
     下記住所までご郵送ください。

     〒355-0323 埼玉県比企郡小川町下里809
     霜里農場内 米作りから酒造りを楽しむ会実行委員会
     Tel.0493-73-0758 金子美登

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
お会いできるのを楽しみにしております(^^)

--- end ---
# by komesake | 2011-04-22 15:46 | ・その他お知らせ | Comments(4)

みなさんご無事でしょうか

金曜日の東北の大地震から3日が経ちました。
みなさん、またご家族や親戚、お友達はご無事でしょうか?

現地で被災された方々には、なんと言ったらいいか…
ただただ、言葉を失うばかりです…

現地の方たちばかりでなく、
関東や新潟や長野で続く余震で、
ずっと緊張したまま、体のストレスだけでなく、
辛い現実のニュースを見るだけでも心にダメージを受けて、
今、日本中の人が大なり小なり傷ついていると思います。

被災地から遠くはなれたここ小川町でも、
町中がザワザワとした緊張感にあふれています。

スーパーでは、パンの棚は空っぽになり、
食料を大量に買う人の列がレジにずらっと並んでいました。
誰もが不安で、心の中でパニックを起こしているように見えました。

原発の事故への心配、物流の問題、石油にまつわる経済問題…
今回の震災で浮き彫りにされた問題を並べると、
今、小川町の地域で活動されている米酒でもお世話になった、
有機農業・伝統和紙・地酒の蔵元…
などの地産地消の生活のあり方が今後、
もっともっと必要になってくるのではないかと感じます。

外国の資源に頼る石油でもなく、
制御しきれない不安と地方への危険の押しつけによる原発でもない、
ずっと昔からすぐそばにある資源や資材に目を向けて、
生活をシフトする、そんな未来へ向かっていけたらいいなと思います。

そうすれば、きっとこういうパニックはなくなるんじゃないかな。

今は少しでも落ち着いて、
現地の方のために本当に必要なサポートのサポートを
自分のできることから探していこうと思います。

みなさまも、どうぞご自愛くださいね。



--- end ---
# by komesake | 2011-03-14 22:32 | ・その他お知らせ | Comments(7)

第七回(最終回)「甘酒作り・ラベル貼り・懇親会」

d0171387_20592453.jpg

2010年6月13日から始りました
「第6回・米作りから酒造りを楽しむ会」も最終回!!



締めくくりの3月6日には晴雲酒造さんで、
前回作った酒瓶のラベルを貼っていただき、
米こうじで作る甘酒作り、おいしいお酒とご飯で懇親会が行われました。



* * *


今回みなさんに作っていただいたラベルは、
米作りをご指導くださった金子先生から“米作大賞”、
酒蔵見学・甘酒造りをご案内くださった中山専務から“酒造大賞”が
それぞれ選ばれます。

d0171387_20594068.jpg
↑楽しみつつ真剣に賞の作品を選ぶお二人


d0171387_20595515.jpg
↑“米作大賞”は霜里農場のお米。
“酒造大賞”には晴雲酒造の生酒6本がプレゼントされます!
うらやましいっ!!



みなさん、ユニークだったり力作だったり楽しんで作ってくださって、
見ているこちらまで顔がにんまりとほころんでしまいました♪


d0171387_2101479.jpg
↑左上 : 一番左は米作大賞に選ばれた方の作品。かっこいいです。
↑右上 : 管理人的には哀愁ただようウサギの後ろ姿がヒットです(笑)
↑下 : お子さんがうれしそうに酒ビンをかかえる姿…(^^;)



ラベルを貼ってお持ち帰りいただいたのは晴雲酒造さんの
「おがわの自然酒」という生酒です。
“味わいがあり、キレがある”のが特徴だそう。
私もこのお酒の大ファンです♪

中山さんのお話では、この冬仕込んだお酒に使ったお米は、
去年の猛暑のためにとても厳しい状況だったそうです。
そんな条件下の中でも、普通米よりも有機米の方が状態が良かったそうです。
農薬を使わずに育った稲の方が、厳しい環境下では生命力を
発揮するのでしょうか?自然って不思議ですね。

さて、この美味しいお酒は後で懇親会でたんのうするとして(笑)


* * *


さて次は、「甘酒作り」に挑戦していただきます☆
今回は「米麹(こうじ)」を使ったアルコール発酵をしない甘酒です。
私も知らなかったのですが、甘酒には「酒粕」を原料にしたアルコールのあるものと(簡略製法)、今回みなさんにやっていただいた米麹を原料にしたもの(本格的製法)があるのだそうです。

米麹を使う…と言われると難しそうな感じがしますが、
行程としてはとても簡単でビックリです!


d0171387_2122345.jpg
(1)仕込み水を鍋に入れて60℃に湧かす


d0171387_2123999.jpg
(2)魔法瓶の容器に米麹を3分の1くらい入れる


d0171387_213399.jpg
(3)お湯を入れる



この後、6〜7時間保温させておくと、
発酵してデンプンが糖化しますので、
味見をして甘味がほどよくなったらできあがり!です。

ほどよい味のところで保存したい場合には、
一度沸騰させると麹菌が死ぬので発酵が止まります。

…とまあ、行程として書き出してしまうと非常に簡単なのですが、
そこには“菌の発酵”というとても不思議な現象が働いているので、
ほんの少しの条件の違いでも、違う味の甘酒ができあがるわけなのです。

例えば、麹菌がもっとも活発に活動して発酵が進むのは30〜50℃。
(70℃以上だと酵素が壊れてしまうそうです)
みなさんが持参した容器の保温力によってや、
保温期間の容器の置いてある場所によっても微妙に温度は違うだろうし、
もしかしたら、「おいしくな〜れ おいしくな〜れ」と
話し掛けたら美味しくなるかも?しれません(^ o ^)

こういうところからも、自然や命の不思議な働きを感じますね。

中山さんが最後のご挨拶の時に言っていた
「モノゴトは単純じゃないコト」
は命に関わる全てのことに共通して言えることかもしれません。

日本の食文化の代表である「味噌・醤油」もちろん「日本酒」も
“発酵”という昔ながらの先人の知恵の結集です。
その奥深さや面白さを感じていただけたのではないかなと思います。


さてその後、みなさんお持ち帰りいただき発酵して出来上った
甘酒の出来はいかがだったでしょうか??
ぜひ、コメントにご報告くださいね☆


* * *


d0171387_213391.jpg


最後の締めに、金子先生からもお話いただきました。

お米を作る人がいて、お酒を造る人がいる小川町。
お互いに支えあって美味しいものがあるんですね。
有り難いですね(^ ^)

去年、小川町の下里地区(金子先生の霜里農場のある地区)が、
農林水産省が設けた「農林水産祭天皇杯」という賞で、
「村づくり部門」を受賞しました。

その時に受賞したトロフィーにまつわる話や、
授賞式で金子先生が天皇とお話したときのことを話していただき、
ちょっと面白いエピソードに笑いを誘ったりしました(笑)

金子先生が長い時間をかけて活動してきた有機農業が、
徐々に周囲に認められて、沢山の人が力を合わせた結果の受賞です。
ほんとうにおめでとうございます☆


* * *


この度は、ご参加いただきまして心より感謝いたします。
楽しい時間をありがとうございました(^-^)

今回の「米作りから酒造りを楽しむ会」が、
参加してくださった方一人一人の心の中に、
なにか小さなタネを捲くことができていたらうれしいなと思います。

小川町では、「霜里農場」や「晴雲酒造」もありますし、
伝統和紙の体験も「紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜」で開催しています。
町内や近くの田畑ではスタッフの奮闘する「つまみ農場」や「竹島農場」もあります。

これから暖かくなれば、田植えがはじまりますし、
田んぼや畑でまたお会いでしましょう〜!!


★霜里農場

★晴雲酒造

★紙すきの村〜久保昌太郎和紙工房〜

★つまみ農場通信



d0171387_2135312.jpg
↑晴雲の酒粕を使ったお魚。
地元の有機野菜を使ったお惣菜に、春の香りを運んできた桜の塩づけを彩りに。


その後、参加希望者の方々とスタッフとで懇親会がありました。
おいしい日本酒と、有機農のお野菜を使ったおいしいご飯♪
ついつい飲み過ぎたのは誰でしょう?(笑)



Thank you very much !
See you again ★



--- end ---
# by komesake | 2011-03-11 21:13 | 〈酒造り編〉 | Comments(4)