第四回「収穫祭・霜里農場見学」

d0171387_14554837.jpg
11月7日(日)、
「米作り編」締めくくりの収穫祭が無事行われました。

みなさんに田植えと稲刈りをしていたたいて収穫したお米と
呉汁(大豆を使った郷土料理)を、地元農家の方々と一緒に
いつもの集合場所・下里分校の校庭でワイワイ頂きました♪



* * *



今回もまたお天気に恵まれまして、
よほどみなさんの日頃の行いが良いと思われます(笑)


d0171387_1456129.jpg
↑100人分の呉汁を作ります!
大量のお野菜をお手伝いしていただき、
おしゃべりしながら楽しく切っていただきました。



d0171387_14562165.jpg
↑農家さんのお野菜や果物が買えるブースも。
試食の枝豆がおいしすぎました!



今回は、地元下里地区の農家の方々のご協力も得て、
お野菜販売や、ポン菓子を振る舞ってくださいました。
枝豆の試食がおいしすぎて人だかりに…


d0171387_1456367.jpg
↑開会式の最中、ポン菓子作りの「ボンッ!!」という大きな音と白煙がのぼってビックリ!!
(写真:勢い余ってポン菓子を受けるかごが吹っ飛んで、
そこらじゅうがポン菓子だらけになっていました…笑)



開会式が終わると、半分に別れて、半分の方々は下里分校のすぐとなりにある
金子先生の農場「霜里農場」の見学です。


d0171387_14565440.jpg
↑金子先生の説明を真剣に聞いているみなさん



霜里農場では“自然の有機的な循環を利用して農業をする”
ことを有機農業を通して活動されているので、
農場のあちらこちらに自然のエネルギーを利用した工夫があります。



d0171387_14572053.jpg
↑左上: 堆肥1gの中には数億〜数兆の微生物がいるそうです。
↑右上: ウッドボイラー
↑左中: 家畜の糞尿や生ごみ、水などをバイオガスプラント(発酵槽)に投入して
メタンガスと液体肥料を作ります。バイオガスは旧都市ガス並みの火力。
↑右中: 使用済み天ぷら油を燃料に使っているトラクター
↑左下: 天ぷら油の不純物を取り除く遠心分離機
↑右下: 遠心分離機で攪拌する前(右)とした後(左)の油



農場には色んな動物もいます。

d0171387_14573968.jpg
↑上: 温室の中の踏み込み温床は30℃に保たれて暖かいので、
ニャンコがまったり…♪
↑左下: 無農薬の農場なのでミツバチの箱を置かせてもらう方もいます
↑右下: 牛もいます。金子先生を見てエサをねだってる…そうです(笑)




一方、分校の校庭の方では脱穀機の実演と体験がやっています。
昔の古い脱穀器具から、最新の電動の脱穀機までを体験してみると、
昔の人のお米作りがどんなに大変だったのか、
工夫があり、現代の機会がどれだけ楽で便利なのかを知る事ができます。


d0171387_1457589.jpg
↑左上: この中で一番昔の脱穀器具。これたいへんです〜…
↑右上: 足踏みミシンのように足のペダルをこぐとローラーが回転して籾を落とします。ナイスアイデア!
↑左下: 機会の穴に穂を居れるだけで自動で脱穀してくれます。恐ろしいほど便利です...

↑右下: 「唐箕(とうみ)」といって、米を選別する道具。
脱穀した籾にまざった藁やゴミを風のちからで吹き飛ばして取り除きます。
ハンドルを回すのが楽しそうです♪




d0171387_14583691.jpg

一方、呉汁の方も着々と出来上がってきました。
呉汁(ごじる)は、日本各地に伝わる郷土料理だそうで、
大豆を見ずに浸してすり潰したペーストを「呉(ご)」というんですって。

呉は、前日にスタッフ数名と地元の方達ですり鉢を使ったり、
フードプロセッサーですり潰しました。

呉をよく煮て、そこに秋の収穫野菜や油揚げ・こんにゃくを入れて、
みそで味付けです。大釜でみんなで食べると体が温まる感じがしました♪

ご飯の方は、炊きたてをおにぎりにしていただきました。


d0171387_1459020.jpg
↑班ごとに集まっておしゃべりしながら、
地元のお年寄りも日だまりの中で。
みなさん思い思いに食べていただきました。



自分で植えたり刈ったりしたお米の味や、
秋空のもと、お外で食べる呉汁の味はいかがだったでしょうか?

ご飯がおいしく食べれるって幸せですよね〜♪

お手伝いいただいた農作業も、
ケガ人もなく無事に終わって良かったなぁ〜としみじみ思ったスタッフ1年生の私です(^^)



* * *



次回は気分一新★ “和紙の紙すき体験”です。

集合場所は変わり、「久保昌太郎和紙工房」となりますのでご注意くださいね。
時間は10時からです。お車は埼玉伝統工芸会館になります。
バスの方は小川町駅から小川パークヒル行きのバスで「伝統工芸会館前」。

水に手を入れるので、長袖はめくることができるものの方が良いです。
タオルもご持参くださいね。
また、化学物質過敏症の方は、当日スタッフまでご相談ください。


では、また次回も元気でお会いできるのを楽しみにしております!




--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-11-07 14:55 | 〈米作り編〉 | Comments(2)

第三回「稲刈り体験」

d0171387_18315015.jpg

10月3日(日)、米作り編クライマックスの
稲刈りが無事に終了いたしました!

こんなにたわわに実った稲が、
みなさまに刈られるのを心待ちに♪

お天気にも恵まれて気持ち良い秋空のもと、
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。



* * *



d0171387_1832728.jpg


田んぼまでの道も、曼珠沙華(彼岸花)がところどころ
赤く鮮やかに彩って美しい季節です。


d0171387_18321979.jpg


田んぼの周りにも曼珠沙華が。
金子先生たちが、球根を植えていたそうです。
赤い縁取りと、緑の山々、田んぼの黄金色のコントラストがキレイでした♪


d0171387_18323334.jpg


今回は70人ほどの方にご参加いただいたでしょうか。
いつものようにまずは金子先生のお手本から。


d0171387_18325711.jpg
↑「見ててくださいね〜」



d0171387_18391188.jpg
↑刈った稲をこのくらいの束にまとめて、
縛る用のワラをくるっと巻きます。
巻いたら、稲がバラバラにならないようにキツ目にし、
接合部分を2〜3度ひねります。
ひねった部分を、稲を巻いた部分に押し込みます。



ポイントは、縛る部分の位置。
この後、“はざ掛け”をする時にうまく掛かるよう、
稲の根本を揃えて、根元から20cmくらいのところで結ぶことです。
ヒモで縛るやり方もあるのですが、
ワラで縛った方がしっかりと簡単に縛ることができます。
自然の材って上手くできてますね。


d0171387_18334014.jpg


さっそくみなさん田んぼへGO!
田んぼの端からどんどん稲が刈られてゆきます。
稲刈り鎌を持って刈る人、刈った稲を縛る人と、
担当に分かれて作業を進めます。


d0171387_1834218.jpg


あっという間に稲で覆われていた地面が顔を出します。
雑草のコナギの中に、小さな生き物たちが隠れているのを発見。
バッタやコオロギ、カエルもいました。もちろんトンボも。
小さな紫色のお花はコナギの花だそうです。


d0171387_18342411.jpg
↑隠れんぼするバッタと コナギの花



ここで恒例の(?)ファッションチェック☆
今回は手作りのモンペが素敵なお二人がいらっしゃいました。

d0171387_18344420.jpg
↑ポイントは、アームカバーとモンペがお揃いの布な所♪




d0171387_1835762.jpg


稲が刈られてスペースがあくと、はざ(稲架)を組み立てます。
ここに稲を掛けて天日干しすることを“はざ掛け”と言い、
天日でじっくり乾燥されることで、お米の旨味が増すそうです。

もうすでにお酒になるのが楽しみですね〜(^ . ^)


d0171387_18352296.jpg


はざ掛けは、稲の束を6:4くらいに分けて、
その大きい方が交互になるように端からはザに詰めるように掛けてゆきます。
そうすることで束通しが密着してギュッと詰まるので、
干してる間に風で落ちたりしにくくなるのです。


d0171387_18353915.jpg


みなさんのお力で、午前中の2時間くらいで、
あっという間にこれだけのはざ掛けが終わりました!
並ぶと圧巻ですね!!

作業の最後に、全員で記念写真をパチリ☆
みなさん良い笑顔です(笑)
やっぱり体を動かして働くのって楽しいですね♪
お疲れさまでした(U v U)


d0171387_18361699.jpg
↑ハイ、チーズ☆



* * *



さて、次回の11月7日は「米作り編」締めくくりの“収穫祭”です!
下里分校にて、今回刈ったお米をいただきます!
“呉汁(ごじる)”なる大豆をつかった郷土食もご用意する予定です。
「脱穀実演」や「霜里農場見学」も予定しておりますので、
どうぞお楽しみくださいね♪
※ゴミ削減のため、お箸・お椀・水筒をご用意ください。 



次回もまたお元気でお会いできますよう、
心よりお待ちしております。



--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-10-09 18:43 | 〈米作り編〉 | Comments(2)

田んぼレポート〈9月14日〉

d0171387_21264280.jpg

大分遅くなってしまい、大変恐縮ですが、
先月の半ば、スタッフの岩崎さん(コメント:パチャママさん)から
田んぼのレポートをいただいていました(><;)

今さらながら、稲刈りの前にアップさせていただきます。
どうぞご覧ください♪ 


* * *


9月14日
---------------------------------------------------------------------


暑かった今年の夏は、
田んぼにたくさんの実りを与えてくれました。

あちらこちらから、「今年のお米はいいぞ」と声を聞きます。
成長も 1週間程早いそうです。

こめさけの田んぼも、
ほら、稲穂が重そうに頭をもたげて、
稲刈りに来てくださる皆さんを待っています。


d0171387_21265987.jpg


雑草のコナギにも負けず、しっかりと成長した稲たち。
みなさんが手植えしたポット苗は、1本か2本の苗でした。
それが、こんなに分けつしています。

無農薬ならではの力強さがあります。
今はもう水も抜かれ、
籾の一粒一粒にぷっくりと実が入っています。


d0171387_21271590.jpg


あのかわいかった合鴨たちも、
今は、霜里農場の一角につくられた小屋に引き上げられています。
( 写真右に地面を掘り下げた水場、
写真を撮っていると人なつこくみんなが寄ってきました。)

前回の生き物観察と草取り体験の時には、
ピヨピヨと小さく黄色かった合鴨たちのこの夏をたどると。

7月1日に、100羽 見学したあの田んぼに入りました。
8月2日には、23羽をそこに残し、
75羽は、こめさけの隣りの田んぼに移されました。
こちらでも、一仕事です。

合鴨たちは、田んぼ中を泳ぎ回り、
雑草や稲についた虫を喜んで食べてくれます。
そして、合鴨の糞尿は、水田の養分になります。
出穂すると今度は、稲穂を食べてしまいますので、
8月30日には、すっかり田んぼから引き上げられました。

そのうち 20羽は、大利根の直売所の隣りにある池に
観賞用にと、もらわれていったそうです。



d0171387_21274296.jpg
↑大きくなって羽に色が出てきました。青い色があるのが「雄」です。




d0171387_21275846.jpg
↑そして全部が茶色くて体が少し小さいのが「雌」です。




以上ですが、よろしくお願い致します。

(米酒スタッフ : 岩崎信子)
---------------------------------------------------------------------


--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-10-01 21:31 | 〈米作り編〉 | Comments(0)

稲穂☆

d0171387_1793643.jpg
昨日、小川町も炎天下でしたが、
神奈川から農業をやっている友達が遊びにきたので、
車に乗せてもらって米酒の田んぼを見てきました。



* * *



ぐんぐんのびて、稲穂も頭を垂れそうな勢いです!
風でゆらゆらしていて写真がボケてしまいましたが、
アップにすると…

d0171387_17101426.jpg
↑実がまるまるとついていました♪


人間がこの猛暑で、
「あつい〜 しぬ〜っ(× o ×;)」…と言っている間にも、
稲は太陽をあびてぐんぐんのびているんですね。
エラいですね〜。

そして、暑い中、田んぼを見てくださっている、
金子先生と研修生の方々にも感謝です。

今、青々と広がる田んぼの色が、
秋の足音とともに黄金に色づいてきます。
その色の変化を眺めるのが楽しみです♪


そうそう!
金子先生のところの合鴨たちも立派に大きくなっていました。
グワグワ大合唱〜♪

d0171387_17103094.jpg





--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-08-24 17:11 | 〈米作り編〉 | Comments(9)

出穂!

d0171387_2341522.jpg
みなさ〜ん!

本日、久保さんからメールをいただきまして、
お仕事帰りに田んぼを見に行ってくださったそうで、
皆で植えた稲が成長して、
とうとう 出穂 したとのご報告をいただきました♪



* * *


携帯のカメラで撮ったそうなので、画像が小さくてちょっと残念ですが(^^;)
青あおとした稲から出てますね、穂が☆

久保さん、お忙しいところ、ご連絡ありがとうございました!


ブログ担当中野も新米小川住人なので、田んぼのレポートに行きたいのですが、
…すいません、仕事で忙殺中です〜(× . ×;)

小川町の暑さにもノックアウト中です〜(汗)
こわくて気温が計れません...



--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-08-10 23:45 | 〈米作り編〉 | Comments(2)