人気ブログランキング |

カテゴリ:〈酒造り編〉( 34 )

第14回 米酒の回 #7  甘酒づくり、ラベル貼りとコンテスト、懇親会 2019年3月10日



先週末は第14回目の無農薬で米作りと酒作りを楽しむ会@埼玉県小川町の最終回でした。
自分で作ったラベルでマイボトルを作りました。
どの作品も味があり、力作ぞろいでした♪
d0171387_15482898.jpg

d0171387_15374523.jpg
d0171387_15374467.jpg
d0171387_15374429.jpg
     
正直言って、どれが大賞をとってもおかしくなかったです。
あとはもう個人の好みですね。

ちなみに私の一押しは「三日酔」でした。
見つけられるかな?

コンテストで受賞された方々も、素敵な笑顔でした♪
d0171387_15485237.jpg

d0171387_15484728.jpg
d0171387_15484886.jpg
d0171387_15484820.jpg

それから、この日は「米麹」を使った甘酒づくりにもチャレンジしていただきました!

d0171387_15372265.jpg
まずは米麹をポリポリつまんでいただきました。
米麹で作った甘酒はアルコールが含まれていないので、
お子さんでも飲めます♪

d0171387_15372309.jpg
懇親会も大いに盛り上がりました!





d0171387_15371626.jpg
皆様、この一年間、
ご参加ありがとうございました!

ぜひまた小川町へ遊びにいらしてください!

スタッフ一同、お待ちしております♪


by komesake | 2019-03-17 22:05 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日

2/11は、酒蔵見学とラベル作りを行いました。


埼玉県は意外にも酒蔵が多く、お酒の生産量では全国の上位6位に入ります。
今回は小川町にある3つの酒蔵の一つ、晴雲酒造さんを見学させていただきました。

まずは、巨大な精米機!

d0171387_21072483.jpg



全国の酒蔵でも自社で精米しているところはもう数えるほどしかありません。
精米されたお米を買えるためです。ただ、それだと流通しているお米しか使えず、
このお米からお酒を作りたい、ということができなくなってしまうのです。
晴雲酒造さんは自社で精米されているので、今年も米酒の会で育てた無農薬のお米から
おいしいお酒をつくっていただきました。いや~、ありがたいです。

次の写真は、昔ながらの和釜です。ここでお米を蒸します。
d0171387_21072432.jpg

先ほどの釜で蒸したお米を、こちらの温室に入れて麹菌を繁殖させます。
d0171387_21072581.jpg
出来上がった米麹です。お米の表面が雪化粧のように真っ白い麹菌で覆われています。
d0171387_21072616.jpg

そして麹、酵母(酒母)、仕込水は下の大きなタンクの中へ。

d0171387_21072662.jpg
タンクの中でもろみとなります。

d0171387_21072348.jpg


発酵が終わったもろみは、こちらの搾り機で酒と粕に分けられます。
d0171387_21075660.jpg
搾ったばかりの新酒ができます!

d0171387_21075730.jpg

<おまけ>晴雲酒造さんの2階には酒造りでつかわれていたいろいろな道具が展示されています。
d0171387_21075725.jpg
そんな素敵な空間で、和気あいあいとラベル作りをしました。
自分のお酒の瓶に貼るラベルを、前回自分で漉いた和紙を使って作ります。
d0171387_21075801.jpg
子供も大人も熱中してます。
d0171387_22335784.jpg
d0171387_22335725.jpg

塗り絵、貼り絵、文字、味のある十人十色の作品ができました。

来月はコンテストの結果発表があります。豪華景品はいったい誰の手に?
次回の3/10が楽しみです♪



by komesake | 2019-02-13 13:01 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

#7 [甘酒作り・ラベル貼り・懇親会] 3月4日

皆様 こんにちは。米酒の会 13回の最終回となりました。
晴雲酒蔵さんにて 甘酒作りをしました。
ポットに麹と60℃に沸かした湯を注ぎ、約6時間保温させると、
お手軽に甘酒が完成!!
d0171387_22271217.jpg
d0171387_22273882.jpg
オリジナルラベルを貼りました。
無農薬で作られた米を日本酒に、ラベルには自ら漉いた和紙を使います。
世界でひとつだけの日本酒の完成です。
d0171387_22281602.jpg
オリジナルラベルコンテストでは、優秀作品に
米作り賞、酒作り賞、紙漉き賞に各賞が贈られました。

d0171387_22283089.jpg
米つくり賞の受賞には霜里のお米が贈られました
d0171387_22284569.jpg
紙漉きの賞受賞 おめでとう!!
d0171387_22285875.jpg
酒つくり賞には 晴雲酒蔵のお酒がおくられました。
d0171387_22291205.jpg
金子さん 
d0171387_22293440.jpg
懇親会では 晴雲酒蔵のお酒と玉井屋の小川の旬が詰まったお弁当がふるまわれました。
参加者の皆様との交流のひと時。
金子さん、晴雲酒蔵の中山さん、和紙職人の久保さんを囲み、
参加者の皆様との意見交換の貴重な時間を過ごしました。

第13回 無農薬で米作りから酒作りまでに参加頂き、ありがとうございました。
参加者の方からは、”小川町では米つくり、酒つくり等が丁寧に作られていることを感じました”
”これからの食生活を見直すきっかけになった”等、多数の感想を寄せて頂きました。
今年度は、小さなお子様が多く参加して下さった事が印象にあります。
大人も子供も、田植え、稲刈り、紙漉き等 共に学び、楽しみながら体験できる会でしたね。
これからも 新たな魅力、出会いを見つけに小川町におでかけくださいね。
また 小川町で会いましょう!!
ありがとうございました。






by komesake | 2018-03-11 23:08 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

#6 [酒蔵見学・ラベル作り] 2月4日


酒蔵見学とラベル作りを晴雲酒造さんで 行いました。
霜里で皆で育てたお米が いよいよお酒になります。
d0171387_10571711.jpg
小川町には、酒造会社が3件あります。
小川町の冬は寒さが厳しく、美味しい水に恵まれ、酒作りには最適な土地です。

d0171387_08595935.jpg

米を精米する機械
お酒の種類によって、精米の割合を変えます。

米は、洗米、吸水の後、蒸気で蒸されます。
釜で蒸された米は 麹室へ運ばれ、種麹をまき、約2日間かけて麹を作ります。
d0171387_11152877.jpg

麹室

d0171387_10505175.jpg
d0171387_10574711.jpg


d0171387_10512183.jpg

d0171387_10515096.jpg

大きなタンクで発酵させます。
耳を澄ませると、ふつふつと 発酵する音が聞こえましたね。
麹の働きで、美味しいお酒が出来上がるのですね。
d0171387_10523560.jpg
d0171387_10532160.jpg

絞り機
発酵を終えた もろみ を圧搾した後、酒と粕に分けられます。
絞られて出来た できたての清酒を試飲させて頂きました。
店頭では、この時期限定の”しぼり酒”の販売もありました。
d0171387_10525941.jpg
d0171387_10535464.jpg
紙を漉いた 和紙にオリジナルラベルを 作成します。
墨や筆を使ったり、色の和紙を貼り付けて、
米作りから 和紙作り 酒つくり、小川町の自然等、思いをのせて。
d0171387_10550445.jpg
d0171387_10552565.jpg
d0171387_10554100.jpg

次回は第13回 米酒の会の最終回になります。
豪華景品を目指して、ラベルコンテスト🏆
甘酒作りをしましょう。
最後まで 盛り上がっていきましょう!!

晴雲酒造さんには 酒造見学、素敵なお食事処🥢があります。
是非、またお出かけください。

www.kumagaya.or.jp/~seiun/













by komesake | 2018-03-06 11:41 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

#7 【ラベル貼り・甘酒作り・懇親会】

おはようございます。
小川町周辺では、梅の花が咲き始め 春の陽気を感じます。明日は第13回 米酒の会 最終回です。ラベル貼り、コンテスト🎉、甘酒作りをします。お持ち帰り用の 水筒等をご持参ください。懇親会では晴雲酒造の日本酒をご用意していますので、ご参加の方は車でのご来場はご遠慮ください。では 明日お待ちしています😃

by komesake | 2018-03-03 08:27 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

第13回 米酒の会 [3月4日 お知らせ]

第13回 米酒の会は3月4日に最終日を迎えます。一年間 小川町にて 米作りから酒造り体験はいかがでしたか?当日は 甘酒作りとオリジナルラベル コンテスト🎉の発表があります。
前回お休みの方は 当日朝に ラベルを提出頂き、是非コンテストにエントリーして下さい。又、会終了後には、懇親会を予定しています。最終受付は、2月23日(金)になります。まだお申込み頂いていないご希望の方は、ご連絡ください。(参加代金 大人3000円、子供1000円になります。)皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

by komesake | 2018-02-20 11:28 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

#5 【紙漉き体験】 12月3日


ブログ更新が遅くなり、申し訳ありません。
遅ればせながら、2018年も米酒の会をよろしくお願いします!!

12月3日 とっても寒い日でした。紙漉き体験をしました。
小川町は 豊かな水と盆地の気候に恵まれ、
酒作りと和紙作りには適した環境です。
紙漉きは冬の農閑期の仕事でした。
またこの寒い時期こそ、紙漉きにはベストシーズンです。
会場は小川町和紙体験センター 貴重な建築内で体験ができます。
d0171387_21204931.jpeg
d0171387_21220052.jpeg
和紙職人 久保さん

d0171387_21212192.jpeg
d0171387_21213383.jpeg

楮の木
d0171387_21214358.jpeg
d0171387_21195892.jpeg

参加者の皆さんは、1枚づつ和紙を漉きました。
冷た〜い水の中で 大変な作業でしたね。
d0171387_21221289.jpeg
d0171387_21224018.jpeg
d0171387_21222720.jpeg
d0171387_21230433.jpeg
d0171387_21233567.jpeg
d0171387_21234964.jpeg

漉いた和紙は 乾燥させて完成になります。
次回は、酒のボトルにそれぞれ 絵を描いたり、和紙を貼ったり、
オリジナルボトル を制作します。

d0171387_21240155.jpeg

次回は 来週2月4日になります。
酒蔵見学とオリジナルボトルを完成!!させます。
優秀作品には、特別賞もあります。
皆さま、素晴らしい✨作品に期待しています😃














by komesake | 2018-01-28 21:52 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

#5 【和紙の紙すき体験】12月3日

こんにちは。明日は米酒の会 【酒造り編】和紙の紙すき体験です。
集合場所は 小川和紙体験センターになります。
和紙をすく作業が ありますので、長袖がめくりやすい衣類で お出かけください。午後からは 町歩き(^-^)があります。当日参加もOK!!なので、是非ご参加下さい。
by komesake | 2017-12-02 12:02 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

第12回米酒の会#7[甘酒作り ラベル貼り 懇親会]3月5日

明日は 第12回米酒の最終回です。
前回 作成したラベルをボトルに張り付け、オリジナルの酒を完成!!させましょう。
甘酒を持ち帰る 口の広いボトルをご持参ください。

by komesake | 2017-03-04 09:31 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

第12回 米酒の会#6【酒造見学・和紙水切りとラベル作り】2月5日



青雲酒蔵さんにて、前回紙を漉いた紙に絵具等でオリジナルラベルを作成しました。
次回は ラベルコンテスト!! 豪華?!景品Getを目指します。

d0171387_22465390.jpg
d0171387_22470766.jpg
d0171387_22472891.jpg
d0171387_22475039.jpg
d0171387_22480628.jpg
d0171387_22483003.jpg
小川町は江戸時代より 紙漉き、建具、酒作りが盛んでした。
酒つくりのための米、水、気候に恵まれていたためです。
また、冬の農閑期には 杜氏集団の仕事でもありました。
見学では、参加者の皆様より熱心な質問もありましたね。
d0171387_22484484.jpg
現代の麹室
d0171387_22491117.jpg
酵母がここで加えられます。
d0171387_22493165.jpg
酒の貯蔵タンク。ここでゆっくりと発酵されます。
酔ってしまうような香りと プスプスという 発酵の音を聞くことができました。
d0171387_22495388.jpg
次回は いよいよ最終回の甘酒つくりとラベル張りです。
 参加者の皆様のオリジナル酒が完成します。










by komesake | 2017-02-25 23:28 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)