第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日

2/11は、酒蔵見学とラベル作りを行いました。


埼玉県は意外にも酒蔵が多く、お酒の生産量では全国の上位6位に入ります。
今回は小川町にある3つの酒蔵の一つ、晴雲酒造さんを見学させていただきました。

まずは、巨大な精米機!

d0171387_21072483.jpg



全国の酒蔵でも自社で精米しているところはもう数えるほどしかありません。
精米されたお米を買えるためです。ただ、それだと流通しているお米しか使えず、
このお米からお酒を作りたい、ということができなくなってしまうのです。
晴雲酒造さんは自社で精米されているので、今年も米酒の会で育てた無農薬のお米から
おいしいお酒をつくっていただきました。いや~、ありがたいです。

次の写真は、昔ながらの和釜です。ここでお米を蒸します。
d0171387_21072432.jpg

先ほどの釜で蒸したお米を、こちらの温室に入れて麹菌を繁殖させます。
d0171387_21072581.jpg
出来上がった米麹です。お米の表面が雪化粧のように真っ白い麹菌で覆われています。
d0171387_21072616.jpg

そして麹、酵母(酒母)、仕込水は下の大きなタンクの中へ。

d0171387_21072662.jpg
タンクの中でもろみとなります。

d0171387_21072348.jpg


発酵が終わったもろみは、こちらの搾り機で酒と粕に分けられます。
d0171387_21075660.jpg
搾ったばかりの新酒ができます!

d0171387_21075730.jpg

<おまけ>晴雲酒造さんの2階には酒造りでつかわれていたいろいろな道具が展示されています。
d0171387_21075725.jpg
そんな素敵な空間で、和気あいあいとラベル作りをしました。
自分のお酒の瓶に貼るラベルを、前回自分で漉いた和紙を使って作ります。
d0171387_21075801.jpg
子供も大人も熱中してます。
d0171387_22335784.jpg
d0171387_22335725.jpg

塗り絵、貼り絵、文字、味のある十人十色の作品ができました。

来月はコンテストの結果発表があります。豪華景品はいったい誰の手に?
次回の3/10が楽しみです♪



# by komesake | 2019-02-13 13:01 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

第15回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会 参加募集のお知らせ

d0171387_21220856.png
☆・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*゜☆
  第15回 無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会     
      参加者募集のお知らせ
☆・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*゜☆
命あふれる里山での
未来につながる食農体験。
五感ふるえるたくさんの発見は
きっとあなたに大きな宝を残します。

みなさんの参加を小川町でお待ちしています。

子どもから大人まで楽しめる食と農の体験です。
和紙を漉き、お酒のラベルも作ります。


【日程】 
2019年 6月9日(日) 田植え
    7月 7日(日) 草取り、田んぼの生き物観察
    10月 6日(日) 稲刈り
    11月 3日(日) 収穫祭
    12月 1日(日) 和紙の紙漉き

2020年 2月9日(日) 晴雲酒造見学、お酒のラベル製作
    3月8日(日) 酒瓶ラベル貼り、懇親会

全7回 10:00~12:30(雨天決行)

【費用】大人18,000円 / 中学生以下2,000円
    大人には「おがわの自然酒」のお土産付き

【定員】80名 (先着順 定員になり次第 締切とさせて頂きます。)


申し込みはこちら>>
米酒の会お申し込みフォーム
https://goo.gl/LdWAvh

【お申し込み】

申し込みフォーム または往復ハガキにて
郵便番号、住所、氏名、年令、電話番号、応募動機をご記入の上、下記へお送りください

355-0323埼玉県比企郡小川町下里809霜里農場内 
米作りから酒造りを楽しむ会実行委員会 

問い合わせ komesakeinfo@gmail.com
ブログ   http://komesake.exblog.jp
Facebook https://www.facebook.com/komesake.ogawamachi/

たくさんのお申し込みお待ちしております。


****************************
主催
無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会
****************************


# by komesake | 2019-02-03 21:22 | ・その他お知らせ | Comments(0)

第14回 米酒の回 #5 紙漉き体験 2018年12月2日

ユネスコの重要無形文化遺産にも登録されている


小川町の細川紙の製造技術。


d0171387_09543134.jpg

「細川紙」は、楮(こうぞ)だけを使用した技術で

国からも重要無形文化財の指定を受けています。

d0171387_09594060.jpg

そんな貴重な和紙の紙漉きをできる貴重な体験の日です。


紙漉き体験の会場は、

「小川町和紙体験センター」さん。



センターの中には、たくさんの資料や展示があり

歴史を感じることができます。



和紙のことを詳しくお話ししてくださいました



d0171387_10220354.jpg

d0171387_09554431.jpg
たくさんの工程があり
手間もかかっていることが分かります!



紙漉き



まずは先生のお手本を

d0171387_10032839.jpg




d0171387_10011439.jpg


d0171387_16403397.png


上手にできたかな?


前後左右に動かすことにより、

繊維同士がよく絡み合い丈夫な紙になるんですって!

d0171387_10054356.jpg




和紙は、厳しい寒さと水が冷たいほど

いいものができるそう!



1~2回の体験では水の冷たさを

感じることも楽しいですが

とても大変な作業ですよね!!



次回のラベル作りに向けての練習

d0171387_10094298.jpg


絵の具・クレヨン・切り紙などを使い、みなさん真剣!


d0171387_10115455.jpg


自分で作った和紙が

自分たちで作ったお米から作られる

お酒のラベルになるという

なんとも贅沢なことです✨



次回は2月10日。

晴雲酒造さんで酒造見学とラベル作りです。


ラベルの審査もあり、選ばれた方には

豪華商品が待っていますよ~♪



今年もどんな素敵な作品と出会えるか

ワクワク楽しみです^^



ラベルに使うペンや折り紙、などは

忘れずにご持参くださいね。



また来年も笑顔でお会いしましょう(о´∀`о)



# by komesake | 2018-12-18 16:33 | ・その他お知らせ | Comments(0)

第14回 米酒の会 #4 収穫祭 2018年11月4日

待ちに待った収穫祭!
120人で新米のコシヒカリを羽釜で炊き、
大人も子供も一緒になっておむすびを結びました。
新米のおむすび、おいしかったーーー!
d0171387_18383358.jpg
6月の田植えから、7月草取り、10月稲刈りとみんなで育ててきたお米をいただく醍醐味をたっぷりと味わいました。

羽釜を並べて炊くのは、火をつけるところからスタート。
子供たちも頑張ります!
d0171387_18422728.jpg


d0171387_12222051.jpg
大成功!ふっくら炊けました!


野菜をたっぷり切りました。何ができるかな?
d0171387_18491740.jpg
仲良く煮込みます。
d0171387_18495457.jpg

d0171387_18504542.jpg
ジャ~ン! 郷土料理の呉汁です。

収穫祭は14年間毎年、地元の 下里豊かな郷作り委員会 & 美郷刈援隊 の方が協力してくださいます。
いただいた鹿とイノシシの肉を使ったジビエ・カレー、とってもおいしかったです。

こちらはユズみそをつけて食べたきぬかつぎ。おいしくて食べ過ぎちゃったかな?
d0171387_18515786.jpg

元気いっぱいです!
d0171387_18390922.jpg
子供たちもたくさん遊びました~♪
d0171387_18540978.jpg

こちらは足踏み脱穀機の体験。真剣です。
d0171387_12452676.jpg


d0171387_18563055.jpg
大人も楽しんでます♪
d0171387_18563944.jpg
こちらは、とうみ。不要なもみ殻などの軽いものを風で飛ばします。
d0171387_18570325.jpg


午後は霜里農場の見学会♪ 海外から研修生が来るほど有機で有名な農場です。
d0171387_18574269.jpg
昨日生まれたばかりの牛の赤ちゃんにも会えました。目がくりくりで可愛い!
d0171387_18573236.jpg



次回は、12月2日の紙すき体験です。

d0171387_18575611.jpg
お楽しみに♪


# by komesake | 2018-11-07 12:51 | 〈米作り編〉 | Comments(0)

第14回 米酒の会 #3 【稲刈り】2018年10月7日

本日は米づくりのクライマックスともいえます
稲刈りが行われました。


6月の田植えから始まってから、
皆様この日を待ち焦がれてたのではないでしょうか。

d0171387_19194790.jpg
本日の小川町の天候は快晴!*\(^o^)/*
絶好の稲刈り日和となり稲穂も太陽の光で黄金色に輝いていました。
d0171387_19190347.jpg
とても綺麗な稲穂です!!
日差しが少し強く気温は高いけど
風が気持ち良い感じでした。
d0171387_19124686.jpg
d0171387_19154343.jpg
d0171387_19414027.jpg
金子さんから稲刈りについて
米を作るには八十八の工程がありたくさんの手間
すなわち煩雑な作業と膨大な仕事量が
必要だというお話をして頂きました。


お世話していただいた農場スタッフの
皆様にも感謝です!


まずは稲刈りの手順を習います。
d0171387_19435270.jpg
d0171387_19455591.jpg
d0171387_19525846.jpg

刈ったあとにで稲束を撚(よ)ります。



今回はカメラマンの安藤さんから
素敵なお写真をたくさんご提供頂くことが出来まして
写真を中心に、稲刈りの楽しさをお伝え出来ればと思います。
d0171387_19550010.jpg
頑張っています
d0171387_19560580.jpg
刈れた〜!!
d0171387_19563420.jpg
カマだと時間がかかりますが楽しいです。
d0171387_19571150.jpg
だんだん刈れてきています
d0171387_19553344.jpg
d0171387_20030017.jpg
楽しい声とともに稲刈りが進みます
d0171387_20064872.jpg
d0171387_20060976.jpg
d0171387_20071423.jpg
d0171387_20095923.jpg
d0171387_20104110.jpg
d0171387_20080400.jpg
子供達のパワーもすごい
d0171387_20111063.jpg
稲を数束にして、藁を使い束っています。
d0171387_20045679.jpg
ピース!!
d0171387_20165056.jpg
d0171387_20294684.jpg
刈り先を揃えて上手です。


皆で協力して作業をすると、
楽しみながら効率よくできますね。



d0171387_20282975.jpg
d0171387_20305551.jpg
d0171387_20291502.jpg
ハザ掛けして稲が乾燥しても、
はざ棒から落ちないようにしっかり束ます。
d0171387_20323576.jpg
皆で協力して作業をすると、楽しみながら効率よくできますね。
d0171387_20332792.jpg
d0171387_20315759.jpg
はざ棒を建てて、
刈り取った稲をかけていきます。


天候によりますが、
10日間位太陽の下でよく乾燥させます。


お日様に当てられて、
収穫祭ではあまーい美味しい
ご飯をいただけることでしょう!

d0171387_20341219.jpg
時間がかかりますが
刈っては腰を伸ばして休み
また刈ってと素敵な貴重な体験ですよね

手作業で米作りをすることにより、
お米、食べ物を作る大切さを実感しますね。


「これからは お米を大事に食べます」
と参加者の声がありました。


何かと至らぬ点があったと思いますが、
ご参加くださいました皆様には心から感謝申し上げます。
改めまして、本当にありがとうございました!


来月は、収穫祭です!!
出来上がったお米を皆で羽釜で炊いて頂きます。


楽しみですね!!

# by komesake | 2018-10-12 07:25 | 〈米作り編〉 | Comments(0)