人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日

2/11は、酒蔵見学とラベル作りを行いました。


埼玉県は意外にも酒蔵が多く、お酒の生産量では全国の上位6位に入ります。
今回は小川町にある3つの酒蔵の一つ、晴雲酒造さんを見学させていただきました。

まずは、巨大な精米機!

第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21072483.jpg



全国の酒蔵でも自社で精米しているところはもう数えるほどしかありません。
精米されたお米を買えるためです。ただ、それだと流通しているお米しか使えず、
このお米からお酒を作りたい、ということができなくなってしまうのです。
晴雲酒造さんは自社で精米されているので、今年も米酒の会で育てた無農薬のお米から
おいしいお酒をつくっていただきました。いや~、ありがたいです。

次の写真は、昔ながらの和釜です。ここでお米を蒸します。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21072432.jpg

先ほどの釜で蒸したお米を、こちらの温室に入れて麹菌を繁殖させます。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21072581.jpg
出来上がった米麹です。お米の表面が雪化粧のように真っ白い麹菌で覆われています。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21072616.jpg

そして麹、酵母(酒母)、仕込水は下の大きなタンクの中へ。

第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21072662.jpg
タンクの中でもろみとなります。

第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21072348.jpg


発酵が終わったもろみは、こちらの搾り機で酒と粕に分けられます。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21075660.jpg
搾ったばかりの新酒ができます!

第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21075730.jpg

<おまけ>晴雲酒造さんの2階には酒造りでつかわれていたいろいろな道具が展示されています。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21075725.jpg
そんな素敵な空間で、和気あいあいとラベル作りをしました。
自分のお酒の瓶に貼るラベルを、前回自分で漉いた和紙を使って作ります。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_21075801.jpg
子供も大人も熱中してます。
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_22335784.jpg
第14回 米酒の回 #6 酒蔵見学とラベル作り 2019年2月11日_d0171387_22335725.jpg

塗り絵、貼り絵、文字、味のある十人十色の作品ができました。

来月はコンテストの結果発表があります。豪華景品はいったい誰の手に?
次回の3/10が楽しみです♪



by komesake | 2019-02-13 13:01 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)
<< 第14回 米酒の回 #7  甘... 第15回 無農薬で米作りから酒... >>