生き物調査メモ


うっかりな私の仕事の穴を埋めるべく?
スタッフの岩崎さん(コメントでは「ぱちゃまま」さんです♪)
生き物観察の日に、メモを取っていてくださりました。

そのメモを生き物先生の嶋田さんがチェックしてくれた
データをいただきましたので、アップさせていただきますね。
(なんて素晴らしい仕事っぷり…!) 


* * *


〈 槻川沿いを歩きながら 〉

鳥 — うぐいす
     ガビ鳥(外来種・中国濃い茶色、目に白いアイシャドー、きれいな鳴き声)
     アオサギ(ドジョウを食べる)
     ホオジロ
     ホトトギス(※声だけ聞こえたそうです)

草 — イタドリ(スカンポとも呼ばれる) 
     オオブタクサ(葉にブタクサハムシが食べた穴)
     葛(山をおおってしまう)
     クサギ(匂いが青臭い)
     クローバー(昔、輸送の詰め物に使われた)
     ヒメジオン(茎の中がつまっている、茎が空洞なのがハルジオン)
     桑(実はドドメと呼ばれる)
     楮(桑科実は、ドドメより甘くておいしい)

虫 — ハグロトンボ(イトトンボの仲間雄 お腹が緑色、雌 お腹が黒色)
     コオニヤンマ
     シオカラトンボ
     ミヤマアカネ
     ナナホシテントウ(肉食、アブラムシを食べてくれる。農家の益虫) 

ヘビ— ヤマカカシ


〈 田んぼの中 〉

草 — コナギ

虫 — ミズカマキリ(肉食、しっぽを水面に出して空気を吸う)
     ハイイロゲンゴロウ
     (肉食、空気を吸いに水面に上がって来る、体に空気をつけて潜る)
     コガムシ(幼虫、成虫)
     ヒメガムシ(成虫)
     ハグロトンボのヤゴ
     カブトエビ
     ホウネンエビ



* * *



みなさん、お気付きだったでしょうか?
観察をして歩いた川沿いのあの川は「槻川」といいますよ。

こんなに沢山の生き物たちに出会っていたんですね〜!
分からなかったヘビの名前は「ヤマカカシ」だそうです。
真っ黒なトンボは「ハグロトンボ」ですね。

あ〜 スッキリしました♪




--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-08-08 18:51 | 〈米作り編〉 | Comments(2)

情報いただきました♪


スタッフの方から、楽しい情報をコメントでいただいたので、
改めてお知らせさせていただきます(^o^)


* * *


まず、小川和紙の伝統を受け継がれる
久保昌太郎和紙工房の久保さんからいただきました。 
--------------------------------------------------------------------------------

米酒参加者の皆さん。スタッフの皆さんこんにちは。
 紙漉き体験でお世話になる久保孝正です。

 前回は来客があって残念ながらお会いできませんでしたが、
 ブログを見る限り存分に楽しんでいただいているようで何よりです。
 この調子で次回以降も愉しい会にしていきましょう!

 さて、田んぼの草刈から暫くの間米酒はお休みですが、
 秋の和紙作りでも使う和紙の原料を一緒に作ってくれる
 ボランティアを募集しています。
 夏休み期間中、少し田んぼを見るついでにぜひお越し下さい。

 詳細URL→コチラをクリック

 追伸。
 紙すきの村 WEBサイトにも
 時々米酒田んぼの写真を掲載していますので是非ご覧下さいね。

--------------------------------------------------------------------------------



そして、和紙で作ったラベルに書く絵の指導をしてくださる
イラストレーターの五十嵐さんから。
--------------------------------------------------------------------------------

米酒スタッフの五十嵐です!

 暑い日が続いてます。皆様いかがおすごしですか?
 田んぼの作業もこの暑さで早朝か夕方に限られます。
 昼間は無理ですw
 米酒参加者の皆様でまだまだ田の草取りなどしてみたいw方
 つまみ農場で(自分達でやってる田んぼチーム通称)募集中です!
 毎週土曜四時くらいから2〜3時間やってます。
 嵐山駅から歩いて20分
 タクシーでワンメーター
 ぜひ遊びに来てください!何も出ませんがwそのあとのビールは格別です。
 ご連絡はこちらのコメント欄か
 コチラまで

--------------------------------------------------------------------------------


暑さの厳しい夏ですが、米酒がお休みの間も、
ぜひ夏休み気分を味わいに小川町にいらしてくださいね♪



--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-08-01 00:43 | ・その他お知らせ | Comments(0)

コメントの書き込み方法


ブログも2回目のアップが終わり、
ここ数日でご感想をコメントに書き込んでくださる方も
表れてくださいました。ありがとうございます♪

もっと沢山の方と交流できる場にしたいなと思っているのですが、
スタッフの五十嵐さんから、
「コメントの仕方がわからない人もいるんじゃないかな?」
とアドバイスいただいたので、
できるだけ分かりやすくコメントの仕方を解説してみようかと思います(^^;)


* * *


1.まずは、ブログの記事の下の方にある「Comment」というところを
 クリックしてみてください。

d0171387_945388.jpg



そうしたら、コメントを書き込むスペースが表示されますので、


2.「名前」欄にご自分のお名前を書き込んでください。
 ニックネームやハンドルネームなど、お好きなお名前でもOKです。
 次回の米酒でお会いしたら、「コメントした○○です〜」と教えてくださると、
 きっとますます楽しい米酒の会になると思います♪


3.「URL」には、書き込まなくてもOKです。
 もし、ご自身のブログやHPにも、米酒のコトを書いてくださっていたら、
 入力して、リンクしてくださると嬉しいです。


4.ご感想をコメントください♪


5.「非公開コメント」のボックスはチェックしないでください。
 このブログのコメントは、閲覧する参加者さまたちスタッフみなで、
 共有して楽しむ場にしたいと思います。


6.「削除パスワード」にお好きなパスワードをご入力ください。
 ご自身のコメントを削除するためのパスワードです。


7.「送信」をクリックで書き込み完了です!



d0171387_9455274.jpg
ちょっとゴチャゴチャしてしまいましたが、お分かりになりますでしょうか(^^;)?



初回の開会式の後に、皆様全員にこのブログのことをアピールできれば良かったのですが、
手際が悪く、全ての方にお伝えすることができませんでした…
次回の「3回目 稲刈り」までしばらく間が空いてしまいますが、
少しずつ参加してくださる方たちの輪を広げて、
色んな情報を共有できる楽しい場にできれば良いなと思います♪


ご感想のコメントをスタッフ一同楽しみにしております☆
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします(^ o ^)/



--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-07-31 09:50 | ・その他お知らせ | Comments(0)

第ニ回「草取り・田んぼの生き物観察」

d0171387_20304457.jpg
梅雨明けしてからぐぐっと暑い日々が続いておりますが、
みなさまお元気にお過ごしでしょうか?

もう2週間も経ってしまいましたが、
今月11日(日)に「第6回 米作りから酒造りを楽しむ会」、
略して「米酒の会」の第二回目、
草取りと田んぼの生き物観察が開催されました♪



* * *


まだ梅雨明け前だったのでお天気が心配でしたが、
時々パラパラと降るくらいで何とかもってくれて良かったです。

当日は、前回同じように下里分校にお集りいただき、
テクテクと田んぼまでの1キロを歩いて田んぼまで移動。


d0171387_2031350.jpg
↑嶋田さん(ケンコバ似?)


今回、生き物観察の指導をして下さる
埼玉県環境科学国際センターの嶋田さんをお招きして、
田んぼや田んぼ周りの自然の中を、
いつも歩くスピードより少し遅く、
いつもの目線より少し低く、細部に目を配って、
様々な生き物を見て・触って・捕まえてみました。

嶋田さんが用意してくださった虫取りアミを持って、子供達が大活躍です♪


d0171387_20312161.jpg
↑田んぼに着くと、さっそくすでに色んな虫を
捕まえてる子も…


d0171387_20313572.jpg
↑田んぼの隣にある、水たまりにプクプク浮ぶ泡は、
ゲンゴロウが息つぎをしている泡なのだそう。


色んな色のトンボもいます。

d0171387_20315311.jpg
↑こんな真っ黒の羽とボディーのトンボや、小さくてかわいらしい黄色のトンボも。


※取材担当のワタクシ、メモを忘れてしまったために、
 虫達や植物の名前を覚えられませんでした…
 お分かりになる方、コメントで教えてくださるとうれしいです(^^;)


d0171387_2032948.jpg
↑葉っぱの種類によっても、
その葉が好きな虫の種類があるそうです。


うっそうと生い茂る木々も、もともと日本にいた種類と、
外来種が根付いたものとがあるそう。

d0171387_20322432.jpg
↑こんな小さな鳥居のある場所まで散策してUターン。


d0171387_20324063.jpg
↑カエルもいるし、水カマキリなんかも。


d0171387_20325499.jpg
↑なんとヘビも!
ガッとすばやく捕まえる嶋田さん....ワイルドです...
ヘビの名前教えていただきました!「ヤマカカシ」だそうです。
みんなで、ヘビを触ってみたりしました。


ちょっとスリリングな体験もしつつ、
生き物観察を終了し、お待ちかね(?)の草取りです。


d0171387_20331967.jpg

まずは、金子先生のワンポイントアドバイス。
水中に生える雑草コナギを引っこ抜いたら、
田んぼの畦にポイッとするのですが、
田んぼのど真ん中で投げても届かない場合は、
コナギをドロの中に斜に突っ込んで埋めてしまうそう。

d0171387_20333728.jpg
↑田んぼの端から端まで、一列になって、
みなさん自分の列を担当して雑草を抜きます、抜きます。


こんなに沢山の人がいっぺんにやってきたので、
コナギもさぞかしビックリしたことでしょう(笑)
除草機でもどんどん雑草を取ってゆきます。

みなさんのお陰で、大分きれいになった田んぼ。
作業が終わったら、水路で足を洗って終了!
たいへんお疲れさまでした☆


* * *


帰りがけに、もう少し先にある金子先生の田んぼにいる
かわいい働き者たちを見せていただくこともできました。

d0171387_20335718.jpg
↑カルガモの赤ちゃんたちです♪
かーわーいーいー


集団でぐわーっと移動しながら、
雑草もバクバク食べてくれます。

ふわふわのカルガモちゃんたちに癒され、
帰り道ではクロネコとたわむれて、
生き物たちに沢山触れた一日となりました。


d0171387_2034117.jpg
↑ニャ〜オ



米酒の会は、これから8・9月としばし間があきます。
次回はなんともう稲刈り!!
あっという間の稲の成長にみなさんビックリされると思います。

次回もぜひ、元気なみなさんにお会いできるのを
スタッフ一同楽しみにしております(^ o ^)/

まだまだ暑い日が続きますので、
どうぞご自愛くださいね♪


※ブログに載せた写真でご都合の悪いものがございましたら、
 大変お手数ですが、コチラまでメールでご連絡ください。



--- end ---
[PR]
# by komesake | 2010-07-26 20:39 | 〈米作り編〉 | Comments(10)

第一回「開校式・田植え体験」

d0171387_155390.jpg
はじめまして こんにちわ!

今回、初めての参加でスタッフ1年生として
「第6回 米作りから酒造りを楽しむ会」の
ブログ担当させていただくことになりました中野です。


第一回の田植えのあった2日後に、
小川町に引越しをしましてバタバタしておりました(> <)
更新が送れてしましまして、お待ちして下さった方々お待たせ致しました。

これからも不馴れな作業で多々不備があると思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします♪

このブログが皆さんの交流の場にもなればいいなと
思っておりますので、どうぞお気軽にコメントや、
ご自身のブログなどありましたらリンクのご連絡くださいね。



* * *



さて、先週の6月13日、
ご参加いただいた100人ほどの方達にお集りいただき、
埼玉県比企郡小川町にある赤い屋根のかわいい校舎
小川小学校 下里分校にて、開会式が開催されました。

朝早くから遠くまでいらして下さった方、本当にありがとうございます!


d0171387_1164576.jpg
↑今は緑の木々で囲まれていますが、
春になると見事な桜で囲まれる校舎らしいですよ。


d0171387_1203454.jpg
↑金子さん


まずは、みなさんご存知、去年NHKの「プロフェッショナル」でも特集された
有機農業のカリスマ農夫・金子美登さんのご挨拶から。
続いて、スタッフのみなさんのご挨拶が続き、
その後、いよいよ田んぼへ移動です。

1km程離れた田んぼへ歩いて10分くらい。
川沿いや畑のあぜ道を、みなさんおしゃべりしながらのんびり移動。

田んぼに着くと、金子さんの説明を聞きながら田植えの準備です。
まずは、プロのお手本。

d0171387_1233041.jpg
↑金子さんは苗箱ごと持ってますが、
みなさんは苗をいくらか手に持って植えていきますよ。


3本ほど田んぼに引かれたヒモがあるので、
そのヒモに沿って、後ろへ進みながら苗を一本一本植えていきます。

d0171387_125477.jpg
↑レッツ トライ☆
おぼつかない足取りで、田んぼへ入っていく皆さん。


d0171387_1253543.jpg
↑こんなふうに、ヒモに沿って一列に並んで、
苗をキレイに並べて植えていきます。


d0171387_12609.jpg
↑ヒモは、ヒモ担当のスタッフが、
植え終わった列のヒモを移動して、次の列の場所へ移します。


この作業の繰り返し。
コツコツマンパワーで植えていきます。

もくもくと作業される方から、
わいわいおしゃべりしながら作業する方まで。
農作業の楽しみ方は、人それぞれです♪


d0171387_1271031.jpg
↑さてここで、みなさんのファッションチェックを☆
経験があって道具を揃えてる方もいたり、
日焼け防止用の帽子にも色んな形のを持ってらっしゃったり、
素敵なモンペをはいてる方もいらっしゃいました(^ o ^)


d0171387_1273457.jpg
↑取材にいらしてる方も、
もちろん足下はドロだらけ。


田んぼの両端から半分の人数に分かれて、
後退しながら稲を植えていき、お尻がぶつかったら終了です。
100人ものマンパワーで、
1時間もたたないうちにアッというまに終わってしまいました!!

d0171387_1295613.jpg
↑みなさんが田んぼから上がった後、
プロの手でちょっと手直し。


どろだらけの足や手を水路やすぐ近くの川に降りたりして、
冷たい水で洗って作業終了です。
それからまたのんびりと帰路をたどって、下里分校まで戻ります。


d0171387_1311069.jpg
↑ムギがオレンジに輝く畑の小道を、
なが〜い列が続くのはちょっと絶景です☆


d0171387_1313213.jpg
↑途中、農家のおうちが自家製の梅干しや干し椎茸などを
路上販売しています。ついつい寄り道して衝動買い(笑)



帰り道には、桑の実を食べたり、黒猫と戯れたり、
山の斜面にヤギがいるのを見つけたり、
色んな生き物がいるのを発見するのも楽しいです♪

池袋から電車1本で75分の小川町を、
みなさん満喫していただけたんじゃないでしょうか。

ちょっと不便だけど、不便さをのんびり楽しめるような、
沖縄に“沖縄時間”があるように、
小川町には“小川町時間”があるような気がします。

駅までの帰り道がてら、無農薬野菜の販売所や、
カフェやお菓子屋さんもあるみたいです。

私はまだ、移住したてで良く分からないのですが、
これから、寄り道スポットも紹介していけたら良いなぁ…とも
思っていますので、「ここの美味しかったよ!」とか、
情報ありましたら、お寄せください(^ ^)♪


では、また来月も元気な皆さんにお会いできるのを
楽しみにしております☆
どうぞお気を付けていらしてくださいね。

1年間、どうぞよろしくお願いいたします。



※ブログに載せた写真でご都合の悪いものがございましたら、
 大変お手数ですが、コチラまでメールでご連絡ください。
[PR]
# by komesake | 2010-06-21 01:34 | 〈米作り編〉 | Comments(2)