<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

明日は晴雲さんにて酒造見学とラベル作りです!

みなさんこんにちは!

記録的な大雪、びっくりしましたね!
小川町も一面の銀世界となりました。

明日は今のところ酒造り編【酒蔵見学・和紙の水切りとラベル作り】を行う予定です。

しかしこの雪の影響で、明日は交通機関の乱れや道路の凍結など予想されます。
このような状況を鑑み、ご参加は無理のない範囲でお願いします。
道中は十分お気をつけください。


今回の場所は晴雲酒造さんです。
http://www.kumagaya.or.jp/~seiun/

この季節、伝統ある酒蔵には凛とした気持ちの良い空気が張り詰めます。
お酒がどのように作られるのか、日本酒の製造工程を学べる貴重な機会となります。

見学のあとは、前回皆さんが漉いた無添加の和紙を使ってお酒に貼るラベルを作ります。

お好きな方法で自由に楽しく直接和紙に描いてください。
ラベルの大きさは縦12cm×横10cm位です。
注意:定規・ハサミ・のりなどの道具や絵の具・筆ペン・色鉛筆・小道具などの画材は、恐れ入りますが各自でご用意ください!

40分で2枚作ります。1枚はお酒用、もう1枚は今年度のラベルコンテスト提出用です。

お酒に貼るラベルは、マイお酒用にしようか、記念の1本用にしようか、大切な方へのプレゼント用にしようか…この世でひとつの素敵なラベルを作ってくださいね。
どんな感じにするか、あらかじめ原案をイメージしておくと作りやすいと思います。

ちなみに第7回米酒の会に作られたラベルコンテストのラベルはこんな感じですよ♪
d0171387_3135553.jpg

大賞に選ばれるかもしれません!? 力作をお願いしますね!


明日の場所の地図はこちらになります↓
d0171387_3343471.jpg



では明日も9:40から受付開始、10:00から始めます。
(受付で次回3/9(日)最終回での懇親会の参加予定をお聞きします。)
酒蔵は寒いため、暖かい服装でお越しください。


それでは、皆様とお会い出来ますことスタッフ一同楽しみにしています^ ^
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by komesake | 2014-02-08 03:36 | ・その他お知らせ | Comments(0)

「楮かしき」のボランティア

そして、立て続けの投稿になりますが
先月1/25(土)に久保昌太郎和紙工房さんにて、「楮かしき」のボランティアに参加して参りました!


こちらが概要です。

****************************************

~楮かしきと和紙作り~
小川和紙の原料となる「楮(こうぞ)」。現在の小川町ではその多くを県外・海外からの仕入れに頼っており、「30世紀につながる小川まちづくり委員会」では地場産原料確保と、その加工技術の継承を通して持続可能な小川和紙の発展に努めています。

今回の作業は楮の原木から原料となる皮の部分を剥いていく、和紙作りの最初の作業。ここで処理された原料が職人により一枚一枚和紙として製品化され、国内外、後世にまで残るような様々な場面で利用されます。和紙の伝統技術保存と、和紙原料の確保のため、皆様のご協力よろしくお願いします。

****************************************


かしきは和紙作りの冬の風物詩。
お正月が明け、その年の紙作りの始まりの作業として心改まるとても大事な作業かと思います。
諸事情で予定よりかなり遅れての参加となってしまいましたが、少しでもお手伝いさせて頂けて何よりでした。


こちらが夜明け前から大釜で蒸して準備してくださった楮の木です。
d0171387_23403024.jpg

蒸した後お水をかけると木の芯と皮の間に隙間が出来、剥きやすくなります。
d0171387_2342158.jpg

冷めると剥きにくくなるのでお布団をかけて冷めないように。
d0171387_2347188.jpg

幹のはじっこから指で少し切り込みを入れ1本1本剥いていきます。
d0171387_23491917.jpg

つるつるーっとうまく剥けたときの面白さったら、やみつきになります。
d0171387_23493456.jpg

たくさんの楮の木を、皆さんと一緒に一気に作業します。
(前掛けが渋くて素敵です♡)
d0171387_2350789.jpg

この日の成果でした。こんなにたくさんの!
d0171387_2350344.jpg


この皮が和紙の貴重な材料となります。
和紙は、この皮を乾燥して、もう一度水につけ、黒い部分を削り、煮て、叩き、漉き、干し、、、と覚えきれないほどたくさんの行程を経てようやく出来上がるのです。
とても手間がかかって気が遠くなりそうですが
その手間がかかった分、美しく丈夫でずっと永遠に使えて、ぬくもりのある唯一無二の素晴らしい和紙となるのですね。


芯の木を何本か頂きました。
絶対、何か素敵なものとして使えそうな気がするのですが…♪
d0171387_23505784.jpg


作業後は美味しいお煮しめという小川町の郷土料理をご馳走になりました。
d0171387_013739.jpg

(お煮しめアップの写真は失念><)
お野菜がたくさんで、ほっこり美味しい汁物でした。
冷えた体が暖まり、本当に美味しかったです。ご馳走様でした!


ふんわりとお芋を蒸したようなあまーい香りがするなか、無心に楮の皮を剥き続ける
この「かしき」の作業がとても好きです。
また、ご一緒させていただいた方々とのおしゃべりもとても楽しく、気づいたら作業はあっというまに終わってしまいました^^;

和紙作りの大切ないち工程を体験させて頂ける機会はなかなかありません。
ぜひ来年は皆様も!


久保さん、ありがとうございました!
またどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by komesake | 2014-02-08 00:52 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)

第9回米酒の会#5【和紙の紙漉き体験】 ~'13 12/1(日)

みなさんこんにちは!

またしても更新が大変遅くなり申し訳ありません><
昨年12月に行われました和紙の紙漉きの回の模様をお届け致します。

米酒の会もいよいよ酒造り編に突入しました。
今回は久保昌太郎和紙工房さんにてお酒の瓶に貼るためのラベルを、1300年前から歴史がある小川和紙で作ります。
しかも化学薬品を一切使わない無添加の和紙です。
そんな貴重な和紙を、大人も子供も1枚ずつ漉いていきます。
この紙漉きを楽しみになさってた方も多かったのではないでしょうか。

この日は里山の紅葉が美しい暖かな秋晴れの日でした。
d0171387_22284062.jpg

では早速、紙漉きの工房へ向かいます。
d0171387_2229392.jpg


工房の5代目・久保孝正さんから説明を聞きます。
こちらが和紙の原料である楮の木です。楮の木を初めて見たという方も多かったようですね。
小川町の地形は山に囲まれた盆地で、水をせき止めるための土づくりのため、根っこが強いこの楮の木がたくさん植えられたことで和紙産業が盛んになったと言われています。
d0171387_22292812.jpg

続いて和紙の材料、紙作りの説明を聞きます。
d0171387_22295829.jpg

こちらも貴重な原料、トロロアオイです。「ねり」として用いられ、紙の繊維を水中に綺麗に分散させる大事な役目を果たします。
d0171387_22302254.jpg


では、いよいよ実際に紙を漉いてみましょう!
d0171387_22305814.jpg

d0171387_22312111.jpg

微妙な力の入れ具合がとても難しいデス><
d0171387_22313853.jpg

上手に出来たかな!?
d0171387_2232591.jpg

そして、皆さんが漉かれた紙は早速圧搾の機械にかけて水分を絞り出し
d0171387_22324758.jpg

d0171387_22322339.jpg

一枚一枚天日で板干しにされました。
穏やかな日差しを浴びて紙も気持ち良さそうです。
d0171387_2233376.jpg

皆で食い入るように説明を聞いていた、紙を干すときに使用するハケが登場^^
d0171387_22335266.jpg

d0171387_2234691.jpg

板目が美しいですね。
d0171387_22343148.jpg

出来上がりがとても楽しみです!

そして工房内の紙漉きの現場も見学させて頂きました。
d0171387_22363321.jpg

流れるような熟練した技術に釘づけです。
1日に朝から晩まで何百枚と漉くときがあるそうです。


紙漉きのほか、次回のお酒の瓶に貼るラベルづくりのイメトレ!?として和紙をつかった紙あそびも行いました。
d0171387_22415188.jpg

d0171387_2354850.jpg

d0171387_236887.jpg

絵の具、クレヨン、和紙のちぎり紙など使って自由な発想で思い思いの作品を仕上げていきます。
d0171387_22395351.jpg

米酒スタッフ・ナナコさんの題字。ササっと書いちゃうあたりホント尊敬です。
d0171387_2361913.jpg

落ち葉を使って♪
d0171387_2363058.jpg

子供ちゃんたちは何の迷いなく感性で描いていきますね~天才です!
d0171387_236452.jpg

センスが行かされた素敵な作品ばかり!
d0171387_2365630.jpg

d0171387_2374011.jpg

次回本番の要領はバッチリですね♪



以上、あっという間の紙漉き編でした!


そして会のあと、久保マルシェとして駐車場で無農薬野菜販売が行われました。
d0171387_2310126.jpg

あっという間に完売してしまいましたが…^^; 
久保さんの工房では毎週日曜の1:00から駐車場にて今回と同様にマルシェが開催されています。是非またお出かけください!


それからこの日、仙元山の滑り台へ遊びに行かれたからおふた方から素敵なお写真を頂戴しました!
d0171387_23133783.jpg

d0171387_23135979.jpg

d0171387_23141256.jpg

ありがとうございます♡とても楽しそうな笑顔ですね~!
滑り台、お気に召していただいたようでよかったです!小川町への眺めが抜群の仙元山、ぜひまた遊びに行かれてくださいネ☆



今回も皆様が米酒の会を、小川町を満喫していただき何よりです。
歴史ある小川和紙に触れていただき、米づくりと同様色んな大切なことを感じ取って頂けたら幸いに思います。
次回は今回作った和紙を使ってラベルを作ります。
自分が漉いた和紙、出来上がりがとても楽しみですね^^
それではまた、引き続きよろしくお願いします~!
[PR]
by komesake | 2014-02-07 23:33 | 〈酒造り編〉 | Comments(0)